地域から不幸な子どもを無くしたい…

「児童虐待」の防止に必要な専門知識を学び、
未来を担う子どもたちを虐待から守るための新資格です。

「児童虐待」の防止に必要な専門知識を学び、未来を担う子どもたちを虐待から守るための新資格です。

Web上で、検定の学習と検定試験の受験ができる新システムの誕生です!

2019年11月、Web学習のeラーニングシステムにE検定をプラスしてシステムの更新を行ないます。自宅や職場のPCで、またはタブレット、スマートフォンで、ご希望の時間や場所での受験が可能となります。
新システムスタートの詳細は10月中旬以降にお知らせします。

※新システムの更新時には、1週間程度現行システムが停止します。この間は、eラーニングのご利用ができませんので、予めご了承ください。

※新システム運用に伴い、ご利用料金が変更となります。新価格については、後日当ホームページにてお知らせします。

子ども虐待防止のためにあなたにもできることがあります

 あなたは気づいていたでしょうか? 地域に埋もれ、気づかれにくい子ども虐待。そして、その対応は市町村などの公的機関や児童相談所などだけで行えるものではないことを…!
 わたしたちは「地域から不幸な子どもを無くしたい…」との思いで、この度「子ども虐待防止サポーター検定」を創設いたしました。

add-dscp-image

 「子ども虐待防止サポーター検定」では、子どもたちを虐待から守るための適切な行動や手続きなど、子ども虐待対応に必要な専門知識を学んでいただき、子ども虐待防止活動に役立てていただくことを目的としています。

 子どもの虐待事件に心を痛めている多くの方に「子ども虐待防止サポーター検定」は、子ども虐待防止のための知識や情報を提供し、地域での子ども虐待防止活動を行うための骨格ともなる内容となっています。「虐待かも」と思った時、子育てに悩んだ時、また「虐待かどうかわからない」という時などに「子ども虐待防止サポーター検定」の知識や情報が、あなたの勇気や行動を後押しできると思います。

 多くの方に「子ども虐待防止サポーター検定」を学んでいただき、それぞれの活動で「不幸な子どもが無い地域社会」を実現できると考えています。